高雄culture

タイガーエア台湾で行く高雄の旅⑤高雄観光おすすめスポット10選

全5回でお届けしている「タイガーエア台湾で行く高雄の旅」。
成田から直行便を使用して台湾高雄へ。

タイガーエア台湾で行く高雄の旅

第1回 はじめてのタイガーエア台湾搭乗記はこちら
第2回 グルメもお洒落なホテルステイも楽しめるシティスイーツはこちら
第3回 高雄グルメ編はこちら
第4回 リラクゼーション&アクティビティはこちら
第5回 タイガーエア台湾で行く高雄の旅⑤高雄観光おすすめスポット10選はこちら

今回は高雄に行ったら訪れたいおすすめスポットをどどんと10ヵ所ご紹介!

有名スポットからこんな場所もあったんだ!と新たな発見まで、魅力は尽きない高雄の旅。
記事の最後にはこの10ヵ所をマークしたマップもあるので、旅の際にはぜひご活用ください。

蓮池潭風景區

高雄といえばこの龍虎塔を真っ先に思い浮かべる方も多いと思うが、龍の口から入って虎の口から出てくると厄除けになると言われているパワースポット。高雄に訪れる度に行ってもいいくらいだ。
近づいてみるとなんだか可愛らしい龍と虎だがいつみてもピカピカなのが素晴らしい。
7階建ての塔は上ることが可能。塔内にある壁画などを眺めながら頑張って上った先には蓮池譚をぐるりと見渡せ、周辺の景色を一望できる。

時間:年中無休 8:00~18:00
料金:無料

愛河

高雄の街中を流れる愛河。市民の憩いのスポットとなっているこの河を堪能するのならやはり愛河クルーズは外せない。
夜はライトアップされ、川沿いの煌びやかな高層ホテルやはたまたローカルな街並みなど、夜風に吹かれながらのんびりと高雄らしい風景を楽しめる。
高雄に来たならば一度は体験したいアクティビティ。

運行時間:平日15:00~22:00、休日9:00~22:00
料金:大人150元

壽山情人觀景台

高雄の西側にある壽山には様々な観光スポットがあるが、中でも西子湾に近い高雄忠烈祠の手前にある景観台からは西子湾、高雄港、そして高雄のランドマークでもある高雄85ビルなどが一望できる人気スポット。
特に夜景が美しい夜は高雄の若者たちが次々と訪れるデートスポットでもある。
おすすめフォトスポットはやはりぜひ景観台のシンボルでもある「LOVE」オブジェ。
ぜひ高雄の景色とともに思い出の一枚を残そう。

衛武営國家藝術文化中心

歴史ある建物を美しくリノベーションしたり、はたまた巨大なデザイン性のある大型施設がぼこぼこ建設されていたり、巡るのも楽しい高雄のカルチャー施設。
なかでもいまアート建築好きが訪れるべき最新スポットは2018年に誕生したこの衛武営國家藝術文化中心だろう。
ガジュマルの木をイメージしたという曲線が印象的な設計はオランダのFrancine Houben氏によるもので、日本統治時代、軍事基地だった巨大な敷地にオペラハウス、演劇場、コンサートホール、屋外劇場など芸術文化を楽しめる複合型施設となっている。
MRT衛武營駅からすぐとアクセスも便利で、館内にはカフェ、レストラン、雑貨ショップなどあり、美しい館内を見学するだけでも見る価値がある。

HP:https://www.npac-weiwuying.org/

金馬賓館 當代美術館 ALIEN Art Centre

壽山の麓にある「金馬賓館 當代美術館 ALIEN Art Centre」は1958年に建設され、金門砲戦の際に軍事宿舎として使用されていた。歴史あるこの建物は2018年11月に現代美術館として生まれ変わった。
床、壁、階段などは当時のものを残しながらも洗練された美しさのある空間は他にはない独特の雰囲気で凛としながらもゆったりとした時間が流れ居心地がいい。
入場料は250元。1階の常設展では当時の歴史に関する資料を見ることが出来たり、ダイアモンドと名付けられたアメリカの光の魔術師James Turrell氏によるインスタレーションは必見。

併設されているカフェ「ALIEN CAFÉ」は広々と気持ちのいい空間でコース料理をはじめ、日本やフランス式の軽食やケーキなどのカフェメニューも楽しめる。

HP:https://www.alien.com.tw/

鹽埕竹器街

MRT鹽埕埔駅4番出口を出てすぐの通り「五福四路」を壽山方面へ向かっていくと、徒歩約7分ほどで店頭に蒸篭を積んだ蒸篭や木桶の専門店が連なる場所へと到着する。
実際に竹を曲げて製作しているところも目にすることができ、大中小と様々な大きさの蒸篭が並ぶ様は料理好き方にはきっとたまらない光景だろう。
蒸篭の金額は大きさ、高さによって異なる。最近日本でもブームになりつつある電鍋にも蒸篭を使った蒸し料理はおすすめ。事前にサイズを確認しておくといいだろう。

駁二藝術特區

この特集でもすでに何度か登場している駁二藝術特區。
ライトレールを利用すればこの雰囲気のあるアートスポットに気軽に訪れることができるので、ぜひゆっくり時間を取って、駁二地区一帯を堪能してほしい。
6つの倉庫が連なる大義倉庫にはパイナップルケーキの有名店「微熱山丘」があり、ゆったりとした空間で試食や買い物ができる。
また、その隣にある「Beer Talk Cafe & Bar」はビアホールのようなかなり広めのカフェバーで、ここでは世界のクラフトビールが味わえる。10時~24時までと営業時間も長いので、昼ビールを楽しみたい派には密かな穴場だ。

棧貳庫 KW2

高雄には大型ショッピング施設がいくつかあるが、観光客にとっていちばんしっくりくるのは今ならこの「棧貳庫 KW2」ではないだろうか。
高雄港埠頭に立てられた倉庫を原型をできる限り残した状態でリノベーション。中には台湾ブランドのショップや飲食店が連なる。扱う雑貨などは今時の台湾らしいお洒落さがあるものが多い。
室内型なので天候を気にせず楽しめ、港の景色を眺めながらお茶ができるのもうれしい。
台湾資本のドラッグストア「コスメド」も入店しており、スナック系のお菓子などの食品の取り扱いもあるので、ばらまき系土産などもここで購入可能だ。

鼓山防空壕

「金馬賓館 當代美術館」にも近い、壽山の麓。
今年、高雄市政府が観光スポットして一般開放をスタートさせた防空壕がある。
入口には分厚い防爆壁があり、そこから先は全長約200mのトンネル状の防空壕となる。
日本統治時代、第2次世界大戦時に建設されたもので、その後、白色テロ時期に成立した「南区警備総部」という組織に利用され、秘密に政治犯を取り調べたり拷問を行う場所だった。
当時のまま残された防空壕。付近の住民にもこれまでその存在は知られていなかったという。
これまで台湾が辿ってきた歴史や過去、そしてこうして観光として見学できる平和な今について考えさせられる場所である。
入場料は50元、予約制。FBページより受付を行っている。

Facebook:https://bit.ly/2LZzcAl

バナナの里「旗山」糖鐵故事館と老街散策

高雄から車で約50分行った先にはバナナの里と呼ばれる「旗山」がある。
街のおすすめスポットは
現在は使われていない旧旗山駅をリノベーションした糖鐵故事館。
かつて砂糖工場の人貨両様の駅として利用されており、1913年~1915年にかけて建設されたビクトリア様式とゴシック様式を融合させた味わいのある建物だ。
現在はかつて砂糖工場が栄えていたころの歴史を知ることができる歴史博物館として、
VRを使用した鉄道の乗車体験やお土産コーナーには旗山バナナを使用したお菓子なども取り扱う。

また、糖鐵故事館前から続く旗山老街はローカルムード漂う商店街といった雰囲気で台湾小吃やバナナケーキなどここならではのグルメが楽しめる。
密かに台湾ではあまりみかけないバナナケーキ。ここにあったのか!と個人的には密かに感動。「吉美麵包店」のものは絶品なのでぜひ訪れてみてほしい。

糖鐵故事館
高雄市旗山區中山路1號
+886 7 662 1228
平日10:00~18:00、土日10:00~19:00(火曜休)
http://cishanstation.khcc.gov.tw

吉美麵包店
高雄市旗山區中山路62號
+886 7 661 5006
8:00~21:00
http://chimeibread.tw/index.php

高雄観光おすすめスポット10選マップ

合わせて読みたい今回の特集記事はこちら

タイガーエア台湾で行く高雄の旅① はじめてのタイガーエア台湾搭乗記タイガーエア台湾で高雄へ 成田発のタイガーエア台湾直行便に乗って台湾高雄へ旅に出た。 成田からは1日1便、10月26日までは夏季スケ...
タイガーエア台湾で行く高雄の旅②グルメもお洒落なホテルステイも楽しめるシティスイーツ全5回でお送りするタイガーエア台湾で行く高雄の旅。 第2回の今回は宿泊ホテルの「城市商旅(シティスイーツ)」をレポート。 タ...
タイガーエア台湾で行く高雄の旅③高雄グルメ編全5回の連載でお送りしているタイガーエア台湾直行便で行く高雄の旅。 第3回は高雄グルメにフォーカス。 朝ごはん、カフェ、レストラ...
タイガーエア台湾で行く高雄の旅④リラクゼーション&アクティビティ編全5回でお送りするタイガーエア台湾直行便で行く高雄の旅。 第4回はリラクゼーション&アクティビティ! タイガーエア台湾で行く...
タイガーエア台湾で行く高雄の旅⑤高雄観光おすすめスポット10選全5回でお届けしている「タイガーエア台湾で行く高雄の旅」。 成田から直行便を使用して台湾高雄へ。 タイガーエア台湾で行く高雄...

協力:タイガーエア台湾高雄市政府観光局

ABOUT ME
コバシイケ子
コバシイケ子
よくばりたびこの旅ノート管理人。台湾の食文化に魅せられて、頻繁に通ったり、住んだりするうちに台湾ブロガーに。そのうち、台湾から行く香港やベトナム、タイなどの東南アジア旅にも目覚める。現地ではB級グルメ、おやつ、雑貨探し、時々スパ。ラグジュアリーも大事。