よくばりたびこさん

お土産にもぴったりな台湾のお菓子 おすすめ5選

台湾で見つけた『普段』のお菓子。
コンビニやスーパー、自然食品専門店などで買うことのできるデイリーな台湾お菓子こそ味わってもらいたい。
素朴で飾らない、私のお気に入りお菓子5選、ご紹介してみたいと思います。

糙米 米果(仁里)

ノンフライで無添加にこだわった玄米のライスパフ。3×3.5と証明写真より少し小さいくらいの枕型が、あまりおいしそうではなくて(笑)、そこが無骨でかわいいです。薄味で軽いのでパクパク止まらなくなるタイプ。試したことはないけれど、鹹豆漿に浮かべてみるのもいいんじゃないかと目論見中。

 

杏仁玄米餅(仁里)

愛らしい見た目に、まずはワクワク。餅と書いてあってもいわゆるお餅ではありませんのでご注意を。
ザクザクと噛み応えのある食感と砕いたアーモンドの香ばしさ、優しい甘味が絶妙なクッキー。
豆の粉と玄米の粉から作られたクッキー生地は、あっさりしていて台湾茶のお茶請けとしてもぴったりハマること間違いなしのお味です。

 

Lay’s樂事/青檸亨清新(台湾百事食品)

Lay’sはアメリカのメーカーですが、こちらは台湾で生産されたオリジナルフレーバー。使われているのは台湾の青いレモン。レモンの酸味、塩っぱさの中に感じるほのかな甘み、後引く止まらない系のチップスです。

方塊酥(口福不淺)

燕麥杏仁
オーツ麦のクッキー。杏仁の香りがするふわりとした甘さ。方塊酥は嘉義の名産で、四角いサクサクしたクッキーという意味の名前なんだとか。ひと口サイズの小さな四角形が食べやすくて可愛いい。防腐剤など無添加なのもうれしいところ。棉花田という自然食専門店やカルフール(家樂福)などで買うことができます。

胚芽芝麻
小麦胚芽入りのクッキー。黒ゴマ、白ゴマ風味が香ばしい素朴な甘さ。ビタミンEたっぷりのヘルシーなお菓子です。こちらのフレーバー、お店で見つけることができなくてお取り寄せしてみました。

 

能量99棒(北田)

地味なパッケージといい、ネーミングといい、想像される味のレベルはなんだか低め。ピッチピチの個包装を用心しながら剥がすようにめくると現れる小ぶりのうまい棒みたいなお菓子。ビジュアル的にも味の評価はまだまだ低め。そんな先入感を裏切ってくれるところがとてもいい。
食感はビーノにちょっと似ていて、中心にある穴に注入された卵の黄身ペーストがアクセントになっています。
12種類の天然雑穀(玄米、トウモロコシ、蕎麦、オートミール、緑豆、蓮の実、ハトムギ、エンドウ豆、小豆、花豆、黒豆、黒米)を使用しているという、なんだか食べると元気が出そうなラインナップ。
ほんのり甘くて塩っぱくて、ポタージュみたいなお味です。

 

以上、naoのお気に入りでした。
台湾でローカルスーパーなどを覗いてみるのも楽しいです。ぜひみなさんの気に入りのお菓子、見つけてみてくださいね。

ABOUT ME
nao
nao
気がつけばあっという間に台北生活13年目。 奈良県出身の食いしん坊naoと申します。 食べることと遠回りが大好きで、相棒のスマホを片手にあっちこっちへ散歩して、おいしいものを探しています。