よくばりたびこさん

【札幌】MORIHICO.カフェのホテルに泊まってみた

こんにちは、札幌在住よくばりたびこのチカです。
さまざまなコンセプトを楽しむホテルが増えるこのごろ。
今回は、札幌の有名なカフェが併設されたホテルの紹介をします。

コーヒーとシンプルな宿

雪が積もり始めたある日の札幌、わたしはコーヒーのMORIHICO.が併設されているホテル『HOTEL POTMUM(ポットマム)STAY&COFFEE』に泊まった。
札幌の中心である地下鉄大通り駅からわずか2駅の菊水駅が最寄りだ。

ホテルのキーワードはなんといっても「コーヒー」。
MORIHICO.は、カフェがひしめく札幌でとびきり「売れっ子」のコーヒー店。
コンセプトのある店内がとってもおしゃれなことも人気の理由だ。
そんなMORIHICO.のホテルがあるというんだから、それはすてきな空間に違いないと、さっそく楽しいこと好きのともだち2人と乗り込んでみた。

15:00 コーヒーブレイク

ホテルの扉を押すと、さっそくコーヒーの香りが出迎えてくれた。
併設のカフェは高い天井のある空間で、コーヒーを楽しむ人たちでいっぱいだった。
わたしもチェックイン前にまず一杯いただく。このホテルのオリジナルブレンドが気に入った。

16:00 部屋へ

今回予約したのは女性ドミトリー1泊・朝食付き 5000円ほどのお手頃プラン。
複数人で泊まるドミトリーの部屋は、シャワールームやトイレが共同。シンプルな分お手頃だし、グループで泊まる場合は部屋に一つのシャワーを待つストレスもない。
もちろんバス・トイレ付きの個室を選択することもできる。

部屋に入ると2段ベッドが3台並んでいる。ベッドは作り付けのしっかりした木組み。
ベッドにはカーテンもついているのでプライベート空間が守られる。
アメニティは、タオルやはぶらし、室内着の作務衣まで用意されている。
部屋の外にある水回りも清潔そうで、洗面台が広く座って使えるところが気に入った。

17:00 カフェでアペロ

アペロは食事前にかるくお酒などを楽しむ時間のこと。

わたしがフランスから持ち帰った8つのこと(前編)こんにちは、よくばりたびこのチカです。 今となればわずかな期間だったけれど、31歳のまる一年をフランスですごした。 もともとフラ...

友だちが一人来たので、1階のカフェでクラフトビールセットを注文。少しずつ酔いがまわる心地よさに、しばし身をゆだねる。
このカフェは食事メニューも充実しており、北海道の食材を使ったお料理がおすすめのよう。

19:30 ビストロプチレジョンにて夕食 

ホテルから10分ほど歩いた場所にあるビストロへ向かう。

フランスのビストロそのままの雰囲気の中、各地の郷土料理をいただくことができる。 
私たちは大皿料理のおまかせコースを注文。

最初に自家製赤ぶどうのお酒で乾杯をすると、次々に料理が運ばれてきた。
店主の方は、その日最後の客となった私たちをせかすことなくおだやかにお話してくれた。
HOTEL POTMUMに来たらこちらのビストロもおすすめ。心温まる空間だから。

22:00 ラウンジでおしゃべり 

さて、ビストロでワインを空けて気分の良くなった私たちは、さらにお酒を買ってホテルのラウンジで飲もうということに。
ラウンジには十分な数のソファと簡易キッチン、コンセントなどがそろっており、思い思いの過ごし方ができる。
共有スペースなので大声で話すことはしないが、室内着に着替えた私たちはキャッキャと盛り上がり、24時までには眠りについた。

9:00 朝食 

旅のハイライトである。
MORIHICO.のホテルに泊まったのだから、朝はもちろんMORIHICO.のコーヒーを。
プランの朝食は、ポタージュスープ(2種)にサラダ・ハムなどの具を自家製フォカッチャにはさんでいただくサンドイッチだった。
それにミルクやオレンジなどのドリンクと、とっておきのコーヒーがついてくる。
朝からお店で淹れてくれるコーヒーは最高においしくてぜいたくで、言い得ない満足感があった。

11:00 チェックアウト、そして… 

チェックアウトの時間になり部屋を後にする私たち。
でもわたしは名残惜しくてカフェに残り、もう一度コーヒーを注文することにした。チェックアウト後も気兼ねなく滞在できるのがうれしい。

それに広いセンターテーブルは、パソコンを広げてもストレスにならない。 
少しだけPC作業をして、滞在3度目のコーヒーに満足したのち帰路へ。

外に出ると日差しがあたたかく、過ごした時間をもうなつかしく思いながら駅へと向かったのだった。

日常を離れて楽しむコーヒーがもたらすもの

HOTEL POTMUM STAY&COFFEEでは、コーヒーを楽しみながら、ともだちと語らいながら、じわじわとパワーチャージしていく自分に気づいた。
日常を離れてリフレッシュすることが気軽にかなう場所だ。
コーヒー好きのひと
インテリア好きのひと
いつもとは違う気分になりたいひと
北海道への観光旅行はもちろん、札幌近郊からのプチトリップにも、ぴったり。
一度いらしてみてはいかがでしょう?

HOTEL POTMUM STAY&COFFEE 基本情報

住所:札幌市白石区菊水1条1丁目3-17
(札幌市営地下鉄東西線「菊水」駅2番出口より徒歩約3分 )
電話:+81 80-6069-4040
HP:https://www.potmumhotel.jp/

ご予約・詳細はこちらまたは下の画像をクリックで
予約サイトに移動します。

このライターの記事一覧

ABOUT ME
チカ
チカ
フランスのストラスブールに1年滞在した経験から、ヨーロッパの旅が得意。町をぶらぶらして猫を追いかけたり、地元のビールを探したりするのがすき。アジアなら、京都の喫茶店と台湾の夜市にすぐ行きたがる。 ヨーロッパで買いつけたヴィンテージアクセサリーのwebショップ、pin rouge(パンルージュ)を運営。「ヴィンテージアクセサリーでいつもの服が好きになる」がコンセプト。