よくばりたびこさん

台湾お天気レポート/11月の台湾むすめ服

現在台湾人と結婚し、中正紀念堂の真横にある教室にて日本人向け中国語塾(チェン台湾華語)を営んでおります。
台湾在住3年目突入の歌織といいます。

台北で中国語を学ぶならここ!「チェン台湾華語語学教室」語学は筋トレと同じ。 やればやるほど上達するし、少しさぼるとあっという間に退化します。 もちろん個人差はあるので、あくまでこれはわた...

私が実践している台湾での、より心地の良い過ごし方や、現地情報をリアルにお伝え出来ればと思っています。

11月の台湾のお天気

さて3回目となる今回、とうとう台湾も毎年相変わらずですが急に

「秋」本番(きっとこの後も急に冬に!)

となりましたのでそのお知らせです。
11月に入る直前の雨が今年も秋をしっかり連れてきてようです。

今回まずは
#台湾むすめ服 をご覧ください!!

ご覧の通り、アウターの出番はまだ早いけど言わずもがな長袖必須というスタイルが鉄板の季節に突入しました。

気温も確認しましょう。

最高気温:23〜27度
最低気温:17〜23度

気温だけ見るとまだまだ暖かいじゃない!という印象もありますが、季節の変わり目は急な寒暖差に体調が悪くなってしまう方もいらっしゃいます。
先週はここからプラス2度くらいの体感温度の日もありましたが、もう油断は出来ないと思います。
またこれからも気温が一段と下がっていく印象ですので、しっかり対策を考えておきましょう。

とはいえ….あの長かった辛かった夏から解放されエアコン不要の最高の季節です(笑)
子供も大人も長袖を基本としたどちらにも微調整可能なスタイルであれば快適に過ごせることは間違いありません。

11月の洋服選びのポイント

ただし
ウールのコート、マフラーはまだ暑く感じるため台湾で着ている人はまだ少ないです。
薄手のジャケットやロングニットをアウターに、マフラーではなくストールやスカーフが活躍してくれるはずです。
薄手のニットはかなり活躍中ですが厚手のニットは調整が難しいのでアウターとして持ってくることをお勧めします。

ロングブーツも台湾では浮いてしまう可能性があります。
ブーツをどうしても履きたい場合はショートブーツを。
それでもノンストレスな靴が大好きな台湾の雰囲気では(さすがにビーチサンダルの方は減ってきましたが)
それでもやはりスポーツメーカーやtevaのようなブランドのスポーツサンダル、スニーカー、フラットシューズを流行を取り入れながら履きこなしている方が多い印象です。

お子さんの場合、そういった観点に加え日中の一番気温が高い時間帯、日によっては運動量により多少汗ばむこともあるので、着替えを持ってくることも必要です。
とにかく今後はそのあと「冷えるかも」しれないという点を抑えた上でお洋服選びをされると良いと思います!

台湾での子供服はどこで買っているの?

ここで少し細かいお話になりますが時々「台湾での子供服はどこで買っているの?」というご質問をいただきます。

主に以下のようなショップを見に行きます。

・日本未上陸またはまだ少ないイギリス、ヨーロッパ系のブランド直営店
・友人のセレクトショップ(韓国など海外服中心)
・インスタで見つけたセレクトショップ(こちらも海外服のようです)

・中国の淘寶(ショップ数が世界最大級です)というサイト
・イギリスのネットショップ(送料高いので友人と取り寄せ)
・ZARA、H&M

ユニクロは大好きですが台湾だと少し高く感じてしまい(帰国したら買えると思うと)敬遠しがちです。笑 緊急時は安定の品質ユニクロ様を頼ります。

台湾のお土産のネタが切れてしまった方などはそういった日本ではあまり流通していないブランドのお洋服など「台湾の地の利を生かしたお土産」を活用してみてもいいかもしれませんね。

今日は季節が大きく変わってきているということもあり、お洋服のお話ばかりになってしまいましたが、とにかくおしゃれを楽しめる季節であることは間違いありません!

お問い合わせ等も引き続きお気軽に♫

チェン台湾華語よりお知らせ

月額2000元(台湾元)!
「教科書では学べない」中国語講座を1ヶ月受け放題プラン

が11月1日から開始され大変好評を頂き12月も継続決定です。
旅行者必見です。
詳細、お問い合わせは以下より↓
https://www.instagram.com/p/B3QyG7iDuAx/?igshid=182h722thvnoa

このライターの記事一覧はこちら

ABOUT ME
歌織
歌織
東京で出会った台湾人男性と結婚し約3年前に台湾へ移住。 現在は日本人の方向けに台北・中正紀念堂の傍らで中国語の語学教室を営んでいます。趣味は美術のこと、走ること、コーヒーのこと、マネーのこと(前職が金融関係だったので)。 2歳の娘とともに台湾の「素敵!」を日々模索しながら仕事に遊びに励んでいます。台湾のリアルタイムな情報は私にお任せください!