eat

【台北】KiKi麺ファンの聖地「KiKi麵noodle bar」へ行く

台湾の定番土産としてすっかり定着した乾拌麺。
色んなブランドがあるけれど、わたしのお気に入りは「KiKi麺」。

もともと台湾にあるレストラン「KIKI餐庁」のお食事が好きというのもあるのだけれど、麺の美味しさと、なかでも辛いパウダーがたっぷりかかった「椒麻拌麵」の味わいが好きで好きでたまらない。
他にも色々味はあるのだけれど、どうしても「椒麻拌麵」を買ってしまうので、そのほかで試したことがあるのは、美味しいと評判を聞いた「葱油拌麵」。
でもやっぱり私のナンバー1は「椒麻拌麵」だった。ちなみにこの好きな味はほんと人によってさまざまで、好みが結構わかれるところかなとも思っています。

 

「KiKi麵noodle bar」へオリジナルメニューを食べに行く

そんな大好きなKiKi麺なのですが、台北市内にアレンジKiKi麺を食べられる専門店があります。
タイトルの「聖地」とはわたしが勝手に呼んでいるだけだけれど(笑)、ここではKiKi麺にさらにはわたしが「KIKI餐庁」にて愛してやまない料理「蒼蠅頭」をトッピングしたものがあるのです。

お店自体は2018年にオープン。ずっと行きたいと思いながらもタイミングを逃し、行けていなかったのですが、先日ようやく行くことができました!

お店の場所

MRT信義安和駅から徒歩5分もかからない場所。
こんな好立地だったとは。

お店の外観はこちら。とても立派な店構えです。

わざわざ建てたのかな。
台湾の食堂的なお店ってほとんどがマンションやアパートの1階に入っていることが多いので珍しいなと思いました。

いざ店内へ

店内もとてもいい雰囲気。
清潔感があって、ほどよくお洒落です。

奥の方にもテーブルとカウンターがありました。

もちろん各種KiKi麺が売っていて、グッズなども。

使い勝手のよさそうなトートバックに

レジ前にあったこのマグネットも可愛い。

メニューは日本語付き

メニューは日本語も書いてあり写真付き。
オーダーシートに数量を記入する方法なのでゆっくりじっくり選べます。

今回の注文したメニュー

それにしてもどれもこれも美味しそうで、正直かなり迷いましたが、ここは最初から決めていた「蒼蠅頭拌麺」に「滷味」も注文しました。

滷味は湯葉的な「豆皮」と卵。半熟具合がいい感じです。

販売している唐辛子パウダーも置いてあったので、かけてみました。

そして、「蒼蠅頭拌麺」の登場!

こちらはお値段110元。
たっぷり蒼蠅頭ものっています。最高すぎる……。

嬉しくて写真も撮りまくったのでもう一枚。笑

ようやく念願のこちらを食べられて満たされました!
レストランの蒼蠅頭のほうがもうちょっと辛さにパンチがあって、やっぱり高級感があるけれど、十分美味しい、何度でも食べたくなる麺でした。

他の麺もやはり気になるので、場所もわかったことだし、これからもちょくちょく訪れたいお店にリストイン。毎度のことですが、胃袋がひとつしかないのが恨めしい……!

買って帰りたいお土産はこれ!

さて、この日、お土産用に唐辛子パウダーと新商品と書いてあったオリジナルのポップコーンを買って帰ったのですが、

このポップコーンがかなりわたしとしては大ヒット。絶品でした!
もちろん辛いので辛いものが苦手な方にはお勧めできませんが、「椒麻拌麵」の唐辛子パウダーを全部かけて、余裕で食べられるような方は絶対美味しく思ってもらえるはずなのでぜひ!

結構な大きさなのでスーツケース内でかさばってしまうのが残念ですが可能であれば箱買いしたいくらいのお気に入りです。

ちなみに!
KiKi麺自体は日本で通販ができるように。
正規取扱店にて4つで千円ちょっとで買うことが出来ます。

食べたくなった時にこうして気軽に仕入れることができるのは本当にうれしい!
アマゾン、楽天、ヤフーそれぞれで購入できるのがまたうれしい!

なんとサイトを見ていたら衝撃の事実が発覚!
ポップコーンもあったー!涙

日本上陸記念 計8袋セット【6袋+ 1/15まで2袋追加】(1袋110g) kikiポップコーン 花椒チリー 送料無料 KiKi麺 まぜそば まとめ買い ギフト お取り寄せ スナック菓子 おつまみ 台湾 名物 激辛 食品 マギプラネット 【数量限定】

1/15まではさらに2袋ついて送料無料ですって!おトクー!

KiKi麵noodle bar 基本情報

住所:台北市大安區信義路四段186巷17號
電話:+886 2 2325 5099
営業時間:11:00~14:30、17:15~20:30(月曜休)
MAP:https://g.page/kikinoodlebarTw?share

ABOUT ME
コバシイケ子
コバシイケ子
よくばりたびこの旅ノート管理人。台湾の食文化に魅せられて、頻繁に通ったり、住んだりするうちに台湾ブロガーに。そのうち、台湾から行く香港やベトナム、タイなどの東南アジア旅にも目覚める。現地ではB級グルメ、おやつ、雑貨探し、時々スパ。ラグジュアリーも大事。