よくばりたびこさん

冷蔵庫の必須アイテム!おすすめ台湾調味料4選

台北で暮らしていて、家でのご飯は和食を作ることが多いのだけれど、そんな台所にも欠かせなくなった台湾の調味料がいくつかあります。

台湾の人気店で出会ったXO醤は、家でまぜ麺を作るときにはなくてはならないアイテム。
これからご紹介する調味料は、野菜の和物や、お鍋の薬味に少し入れるだけで無国籍の奥深い味わいになるから好き。
そんな私のお気に入り調味料は海を越えて友人にも人気で、一時帰国の際には必ずリクエストされます。

台湾以外の国のどこかで、誰かの食卓を彩るこれらの調味料を思うと、にんまりしてしまう私はやっぱり台湾が好きなんだなぁと実感します。

鮮蝦XO醤(300元/1瓶)

李掌櫃は、台北に2店舗を展開する地元で大人気の麺屋さん。
その李掌櫃のXO醤は、新鮮なエビを6時間炒り付けて完成させるというこのお店でしか買えないオリジナル。凝縮されたエビの旨味とピリリと辛い唐辛子の風味がたまらないひと瓶です。
店舗は民生東路にある西華飯店の北側の路地と、マンダリンオリエンタルホテル台北の東向かいの路地にあります。
お店で味わえるXO蝦醤乾拌麵もおすすめです。

 

海真/大辣(600元/1瓶)

海真私房菜は、台北に2店舗ある各地方の中華料理と台湾料理を提供するレストラン。
海真のオリジナルXO醤には、ほぐした貝柱がたっぷり。帆立の旨味がギュッと詰まったXO醤は、幅広く色んな料理に使えます。辛さは大辣、中辣、小辣から選ぶことができます。
マンダリンオリエンタルホテル台北の西側の路地にある民生店と、復興北路にあるMRT南京復興駅から徒歩5分のお店の2箇所に店舗があります。

 

馬告(マーガオ)

馬告は台湾原住民が好んで使ってきたスパイスのこと。
見た目は黒胡椒のようですが、風味は山椒に似たピリリと痺れる感じがあり、レモングラスのような爽やかな香りを持つのが特徴です。
私はポテトサラダやポトフの上に、ガリガリと粗挽きの粒をかけるのがお気に入り。

 

舒醒御賞XO醤/蘋果金沙(240元/1瓶)

高雄発のニューブランド。
屏東の放飼いのアヒルの卵から作ったリンゴ入りXO醤。
アヒルの卵の塩気と特有のザラザラ食感に、旨味と甘味と辛さが絡み合ったふくよかな味わい。お米との相性もバッチリです。
防腐剤、着色料を使用していないのもうれしいところ。
HP:https://awakentaste.com

 

皆さんのお口にも合うとうれしいです。
①と②は、KIKI麺など台湾インスタント麺に添えてみるのもおすすめです。
また自己流でまぜ麺を作る時にも欠かせない調味料です。

naoのオリジナルまぜ麺レシピ

用意する調味料
・①または②
・お酢
・白だし
・すりゴマ
・お好みでごま油

作り方
1)上記の調味料を器に入れておく。(量はお好みで)
2)冷凍うどんを茹でて湯切りする。(麺はお好みのものでかまいません。)
3)調味料と麺を混ぜる。
※お好みでパクチー、茹でた小松菜などを一緒に混ぜるとさらにおいしいです。

このライターの記事一覧はこちら

ABOUT ME
nao
nao
気がつけばあっという間に台北生活13年目。 奈良県出身の食いしん坊naoと申します。 食べることと遠回りが大好きで、相棒のスマホを片手にあっちこっちへ散歩して、おいしいものを探しています。