小樽・余市eat

北海道ひとり旅のススメ 札幌編/ ①余市・小樽へショートトリップ!

よくばりたびこの、おはぎです。
これまで帯広、中札内、美瑛と書き続けてきた北海道ひとり旅も、いよいよ終盤。
約1週間に渡る旅の最終目的地は、大大大好きな札幌!
今回は札幌滞在の一日を使って、余市と小樽へショートトリップ!
この日は札幌に住んでる友だちに付き合ってもらっての日帰り旅。楽しくてとってもおいしい一日になりました。

このコース、車でドライブしながら行くのも最高だけど、JRでも行けるので、車の運転が不安な冬の旅、お酒を飲みたいぞー!って人にもおすすめです。これからの冬の季節もステキですよ。

絶品!うに丼!

札幌の街中を10時過ぎに出発して、まず向かったのは余市。
札幌からは高速を使って、一時間ちょっとかな。
最初の目的地は「柿崎商店」。
夏に余市と言ったら、これしかない!うに丼を食べにやってまいりましたー!
人気店で、この日は週末だったこともあり、駐車場はすでに満杯。
少し待っていたら空きがでたので、車を停めてお店へ。が、お店に入るのも行列。でも運よく15分くらいで入店。時間帯や時期によってはもっと混みあうこともあるようなので、要注意です。

まずはレジで注文と会計。
席についてしばらく待っていると・・・きた!うに丼!!(これは赤塩水うに丼)

はぁ、おいしかったーー。今おもいだしてもニヤけてしまうほど。
本州でたまに食べるうにとは別物ってくらい、甘くて濃厚でしあわせな味でした。
うには夏の時期だけですが、冬は冬でおいしいものがあるのでどの季節に行っても楽しめますが、ぜひ一度はうにの季節に訪れていただきたいです!ぜひ!

柿崎商店
北海道余市郡余市町黒川町7-25
0135-22-3354
定休日:不定休
営業時間10:00~19:00(L.O)
https://tabelog.com/hokkaido/A0106/A010602/1000224/
MAP:https://goo.gl/maps/Cb2eLAeW24rokdwR9

 

ニッカウヰスキー余市蒸溜所

お腹もいっぱいになったところで、次なる目的地は「ニッカウヰスキー余市蒸溜所」です。
朝ドラ・マッサンでも有名になった、ウイスキーの蒸溜所。
こちらは見学無料で、蒸溜所の工場見学やウイスキーの試飲ができます。

で、我々はまずウイスキーの試飲へ(笑)
三種類のお酒を試飲でき、水割りやハイボールにして楽しむこともできます。

私はドライバーなので、りんごジュースをいただきます。(そもそも下戸です・・・)
有料でスナックおつまみ系も売ってるので、お酒好きにはたまらないだろうなーと。

館内にはレストランや売店もあり。
売店では、余市(余市はリンゴが名産!)のリンゴジュースなんかも売っていて、お酒を飲まない私にも楽しめます。(ちなみに、ここで売っている甘納豆がめちゃうま。お土産に大好評。よろしければぜひ。)

で、ここの何がいいかというと、景色。石造りの蔵がいくつも立ち並んでいて、とってもきれいなんです。
ところどころにベンチもあるので、なんというか公園気分で楽しめます。実際、私たちもベンチに座ってしばらくおしゃべりしてました(笑)すっかりのんびりしてしまいました。

また、冬の雪が積もった景色もとってもステキですよ。写真撮るのにもぴったりです。

ニッカウヰスキー余市蒸溜所
北海道余市郡黒川町7-6
0135-23-3131
定休日:12/25~1/7を除く毎日
営業時間:9:00~17:00
https://www.nikka.com/distilleries/yoichi/
MAP:https://goo.gl/maps/kEnfSP9czSqap923A

 

小樽ぶらぶら散策

余市を後にした私たちが次に向かったのは、小樽。
いわずと知れた観光地ですが、なぜか何度も来たくなっちゃうんですよね。
運河はやっぱりステキだし、観光地ならではのごちゃごちゃした感じも結構楽しかったりして、ぶらぶら散策です。

そんな散策途中の休憩にぴったりなのが、六花亭小樽運河店。

ここは、一階が売店。二階が喫茶スペースとなっています。
二階の喫茶スペースは喫茶室とは違って、二階で販売しているお菓子を買うと、コーヒー一杯が無料でいただけるというもの。
お菓子は、シュークリームや雪こんチーズや、まじりっけなしというソフトクリームなど。
気軽に使える感じで、散策の途中にふらっと立ち寄るにはぴったり!

こんな感じで、一階の売店を見下ろせる席もあり。のんびりコーヒータイムです。

六花亭小樽運河店
北海道小樽市堺町
0134-24-6666
営業時間:9:00~18:00
MAP:https://goo.gl/maps/hU2cQKtmVBsyXVv67

六花亭でゆっくり休憩した後は、またぶらぶらしながら、こちらも小樽に来たならハズせない「かま栄」!

この小樽のかま栄でしか食べられないパンドームを食べて、札幌へと戻りました。
パンロールも大好きだけど、初めて食べたパンドームもめちゃおいしかった!ほんと!

かま栄 工場直売店
北海道小樽市堺町3-7
0134-25-5802
定休日:1月1日
営業時間:9:00~19:00
MAP:https://goo.gl/maps/pfEBzynd8ARrVHbt9

 

まぁ、こんな感じでひたすら食べまくるショートトリップだったわけですが、札幌から日帰りで気軽に行ける最高のコースだと思います!(付き合ってくれた友だちに感謝!)

もう札幌は何度も行ったという方や、ちょっと遠出してみたいなという方にぜひおすすめしたい日帰り旅。何度も言ってますが、冬も最高なので、これからの季節の旅にもおすすめですよ。

このライターの記事一覧はこちら

ABOUT ME
おはぎ
おはぎ
旅が好き、お菓子が好き。とくに北海道の六花亭愛が強めです。 愛用カメラはキヤノンEOS M100と時々スマホ。 身軽で気楽なひとり旅を目指してます。