よくばりたびこさん

北海道ひとり旅のススメ 美瑛編/①丘めぐりドライブ

よくばりたびこの「おはぎ」です。
北海道ひとり旅のススメ、今回は美瑛について。
この北海道ひとり旅で一番強く印象が残っているのが、美瑛の景色たち。
美瑛や富良野って、家族旅行やグループ旅行みたいなイメージが強くて、ひとり旅ってどうなんだろうと行くまでは思ってたけど、実際に行ってみたらひとり旅でも楽しめた。むしろ、ひとりのほうが満喫できるのかもと思ったほど。心も身体もリフレッシュできた美瑛ドライブとなりました。

丘めぐりの交通手段

美瑛といえば、あのパッチワークの景色を見たいですよね。
私も、何度も美瑛を訪れていますが、やはり今回も!と思っていました。

さて、丘めぐりの交通手段ですが、私は旅行中ずっとレンタカーを借りていたので、美瑛もレンタカーでまわりました。好きなところに自由に行けるし、わたし的には車で周るのがベストかなという感じ。
でも、レンタサイクルで巡っている方々もいて、自転車で周るのも楽しそうだったな。
また、美瑛の有名観光スポットを巡るバスも運行しているようです。
自分の都合に合わせてチョイスできるのは助かりますね。

素敵な景色たち

とにかく、素敵な景色ばかり。
車で走りながら、この景色を見ているだけでも、十分たのしかった。


ジャガイモ畑が青々と。
曇り空だったけど、それでも十分満足な景色たち。


ひとりだからこそ、好きなだけ景色を見てゆっくりできるのがとってもよかった。
好きなところで停まって、景色を眺めて、写真撮って、深呼吸して本当にリフレッシュできました。


私が訪れたのは7月中旬。ちょうど麦畑が色づく頃で、とっても美しかったのも印象的。
今度誰かに「美瑛はいつがベストシーズン?」って聞かれたら、迷わず「7月!」と答えたくなるほど素敵でした。

 

ソフトクリームでひと休み

丘めぐりの途中にぜひ立ち寄ってもらいたいのが、美瑛放牧酪農場。


今すぐにでも牛乳のCMが撮影できそうな風景です。


もちろん景色だけじゃなくて、ソフトクリームがとってもおいしい。
しかも添えてあるワッフルクッキーも手作りでこれまたおいしい。

それに北海道のソフトクリームって、本州で食べるのよりも大きい(気がする)。
2段くらい多い(気がする)笑。
なので北海道のソフトクリーム大好き!

美瑛放牧酪農場
住所:北海道上川郡美瑛町字新星平和5235
電話:0166-68-6777
営業期間:4月下旬~10月上旬
営業時間:10:00~17:00
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)
http://biei-farm.co.jp

 

素敵なお宿「薫風舎」

美瑛の滞在に選んだ宿は「薫風舎」というペンション。

以前にも何度か宿泊したことはあるけど、ひとりでの滞在は今回が初。
通常ペンションではひとり利用の場合「一人部屋追加料金」がかかるところが多いのですが、こちらの宿はそれがないのでひとり旅利用者にはとってもありがたい。

ただ、食事つきで夕食・朝食共に食堂で他の宿泊者と一斉にいただくので、そのあたりが苦手な方はちょっと…かもしれない。
でも、私は特に気にならないし、宿のスタッフの方も普通に接してくれるので、ひとりでもとても快適に過ごせました。

そして、薫風舎の魅力のひとつは、このテラス。

目の前に麦畑。ここで景色眺めながらぼぉーっとするのが最高。


食事もシンプルな料理だけど、どれもおいしい。
特に朝食が好き。じゃがいもがびっくりするほどおいしい。

共有スペースのリクライニングチェアからもこの景色。
朝食後、コーヒー飲みながらこの景色眺めてのんびりしてました。癒し。

宿のスタッフの方たちは、ほどよく放っておいてくれるので、ひとりでも本当に過ごしやすい。
でも、美瑛のおすすめを色々と教えてくれたりもして、予定外で温泉に行ったり、近くのラベンダー畑に行ったりして、充実した美瑛滞在になったなぁと思います。

住所:北海道上川郡美瑛町字美沢共生
電話:0166-92-0992
チェックイン:15:00
チェックアウト:10:00
(夕食は18:30から一斉スタート。朝食は7:30から。)
http://biei.com/kumpusha

今夏の美瑛でのひとり旅。予想以上に楽しくてリフレッシュ出来てクセになりそう。
全然ひとりでも楽しめました!

次回の記事では、美瑛で見つけたひとりでも入りやすいランチのお店とかわいいパン屋さんについて書こうと思ってます。そちらもお楽しみに~。

ABOUT ME
おはぎ
おはぎ
旅が好き、お菓子が好き。とくに北海道の六花亭愛が強めです。 愛用カメラはキヤノンEOS M100と時々スマホ。 身軽で気楽なひとり旅を目指してます。