ニュース

【大阪】阪神梅田本店で“楽しい!おいしい!台湾の外ごはん”「食祭テラス的台湾の世界」開催!

「旨い!早い!呑める!」台湾屋台フードと、「おいしい!かわいい!体に優しい!」いまどき台湾女子のフード事情

旨い!早い!呑める!台湾夜市フードの魅力を京阪神の台湾フード事情に詳しい魏 禧之(ぎ・よしゆき)さんに。 そして、おいしい!かわいい!体に優しい!いまどき台湾女子のフード事情を張 紜寧(チャン・ユンニン)さんに。 ふたりのスーパープレゼンターと共に“楽しい!おいしい!台湾の外ごはん”をお届けする6日間が3月16日(水)~3月21日(月・祝)の期間、阪神梅田本店1階 食祭テラスにて開催決定!

協力:台湾観光局・台湾観光協会大阪事務所

行ったつもり!?で夜市グルメ


台湾夜市のスーパープレゼンターは台湾美食展世界中国料理大会銅賞など様々な食のアワードに輝き、京都で屈指の名店「創作中華一之船入」のシェフで魏 禧之(ぎ・よしゆき)さん。 「毎日がお祭りのような熱気に包まれる夜市。 食べ歩きできるカジュアルなメニューでありながら、どれも香辛料や火の入れ方などお店ごとのこだわりがあります。 お客さんの側もアレならこのお店!といった贔屓屋台があって、どんなに行列でもじっと並ぶんです。」

プロフィール/ 魏禧之(ぎ・よしゆき) 神奈川県横浜市生まれ。11歳の時より実家である横浜中華街の湖南料理店「明揚」の厨房に立つ。 その後、中国に渡り、特級調理師の資格を取得。1996年、京都に「創作中華一之船入」をオープン。 2009年、台湾美食展世界中国料理大会銅賞受賞。


「忠将」(大阪・難波) 大腸包小腸(ダーチャンバオシャオチャン)(1個) 881円
もち米の腸詰めに切り込みをいれて、ほんのり甘い台湾ソーセージと野菜をサンド。 もちもちのライスバンズとジューシーなソーセージがやみつきになるおいしさ。食べ応えもしっかり。

「魏飯夷堂」(京都・三条) 排骨飯〈カレー風味〉(1人前)843円
「創作中華 一之船入」のオーナーシェフ・魏禧之さんが手掛ける姉妹店から。 豚ロース肉の天ぷらに、煮卵と高菜漬けを添えた台湾ではポピュラーな丼がカレー味で登場。

「麻辣担々麺 堂島 台湾小吃168(イロハ)」(大阪・堂島) ①小籠包(6個入り)770円、②ちまき(1個)528円、 担々麺(1人前)918円、台湾ソーセージ(1袋/10本入り)1,944円、でんぶ(豚肉)1,620円、でんぶ(マグロ)994円
小籠包は薄皮に包まれた旨みあふれるスープがジュワ~。具だくさんの手作りちまきに、台湾で広く愛されるソーセージ、でんぶふりかけなど台湾人の店主が作る地元の味を楽しめます。

「YUNYUN(ユンユン)」(兵庫・南京町) 福建焼ビーフン(1人前)501円
「ケンミン食品」がプロデュースするビーフン&焼小籠包専門店。 創業以来、秘伝の“福建焼ビーフン”は、お米のめんならではの旨味と香ばしさが特徴。手軽なサイズ感も魅力。

「台風飯店」(大阪・谷町6丁目) 魯肉飯(1人前)990円
“台風が通る道のりの国”の料理をテーマに、タイ・台湾・沖縄料理のお店。 ごはんに煮込んだ豚肉をのせた台湾人のソウルフードの魯肉飯は、五香粉が効いたコクのある味付けでご飯が進む!

「BEER CELLAR HANSHIN」 SUNMAIハニーレモンラガー〈レモン・ユズ・黒糖〉(350ml)各770円
1年間に28日しか採取できない貴重な龍眼(ロンガ ン)はちみつをベースにした、爽やかな柑橘や黒糖フレーバーのビール。

食祭テラス的台湾朝食&おやつ


カラダに優しい台湾朝食とスイーツのスーパープレゼンターは、アジアで幅広い音楽制作を行うMSI JAPANに就職。 台湾の音楽制作、マネージメント、通訳など台湾と日本の音楽交流に力を注ぐ張 紜寧(チャン・ユンニン) さん。 「食文化を大事にしている台湾人にとって、朝ごはんは『バランスよく食べる(早餐吃得好)』で、不可欠な存在です。 トースト、焼きそばから牛肉スープなど、あらゆる種類があり、各地の主流の朝食もまた違います。 おやつタイムになったら、フルーツ王国と呼ばれる台湾はもちろん果物を満喫しています。」

「台湾朝食専門店 WannaManna」(大阪・南森町) 鹹豆漿〈台湾式豆乳スープ〉(1人前)601円
自家製のあたたかい豆乳を酢でゆるく固めた台湾の定番朝ごはん。油條(揚げパン)やザーサイをトッピングするのが台湾流。 ほのかな酸味とふわトロ食感で、忙しい朝にもおすすめです。

「騒豆花(Sao Dou Hua)」(大阪・梅田) イチゴバナナ豆花(1人前)1,408円
劉(りゅう)親子三代に続く台湾の老舗豆花(トウファ)店。毎日店舗で大豆を絞り、豆乳を作るところからスタート。 食材と機材を台湾から直輸入し、本店直伝の製法で伝統の味をお届けします。

「YUNYUN(ユンユン)」(兵庫・南京町) 生パイナップルケーキ(1個)181円、 (6個入り)1,080円
パイナップルの果肉を贅沢に使用し隠し味にチーズをプラス、甘酸っぱさと濃厚なチーズとバターの塩気でコクのある味わいに。 ふわっとした口当たりから生パイナップルケーキと名付けました。

「一修」(大阪・難波)
車輪餅チョコクッキーカスタード・抹茶(各1個)216円、あずき(1個)162円
台湾の街のあちこちで見られる車輪の形の焼菓子。実はルーツは日本の今川焼(回転焼)と言われています。 粒餡をはじめ抹茶などバリエーションが豊富で、中でも台湾女子に人気なのがフルフルのカスタード。

「台湾カステラBOX520」(大阪・難波) 台湾カステラ 〈和三盆・ピュアショコラ・コーヒー〉(1個)各751円
“520”は中国語の“我愛?”の発音に似ていることから、台湾で5月20日は“好きな人に愛を伝える日”。お菓子を通していろんな愛を伝えたいというお店が作るのは、愛情たっぷりに焼き上げた台湾カステラ。 日本産素材こだわってふわふわで上品な甘さに仕上げました。

「食祭テラス的台湾の世界」
■阪神梅田本店 1階 食祭テラス
■3月16日(水)→ 3月 21日(月・祝)
公式URL:https://web.hh-online.jp/hanshin/contents/str/20220316.html
食祭テラス 公式インスタグラム: https://www.instagram.com/hanshin_1ffoodevent/

ABOUT ME
よくばりたびこ編集部
暮らすように旅したり、旅するように暮らしたり、理想はそんなところだけれど実際旅先ではついよくばっちゃう。そんな女性たちへのよくばり旅情報をお届けします。